バレエ留学で得られること

バレエを習えば強く美しい脚になる

バレエを習えば強く美しい脚になる "細い脚、また、きれいで美しい脚にあこがれる女性も多いでしょう。
ですが、自分でダイエットを試みてもうまく痩せることができず、ランニングなど運動をすることで痩せようとしても、かえって筋肉がつきすぎてしまい脚が太くなってしまうこともあります。
バレエでは、脚にかなりの体重による負荷がかかるため、それなりに脚を鍛えることにはなりますが、インナーマッスルをしっかりと鍛える形になるため、脚はそれほど太くならず、強く美しい脚を維持することができると期待されています。
そのため、自分で脚を細くすることが難しいと悩んでいる方は、バレエのレッスンを受けてみるといいでしょう。
下半身全体のスタイル改善にもつながるため、自分のスタイルをよりよく、そして美しい脚を目指し、日々、レッスンを続けてみるといいでしょう。
バレエのレッスンに加え、自分で食事制限や生活習慣の改善などをしていくことも、よりスタイル改善に役立つので平行して生活の改善をしていく事も大切です。

バレエ向きの足の甲の作り方

バレエ向きの足の甲の作り方 バレエダンサーの足は甲が高く、つま先から足首までが緩やかな弧を描いているのが理想的で美しいと言われています。
トウシューズを履いた時に、トウシューズの底が足裏に沿い、美しいアーチを描き出せるように、鍛錬していくことが大事です。
美しいつま先、足の甲を作る為には、基礎レッスンがとても大切です。
足指の柔軟性や強さ、しなやかさを作るのに最も大切な練習は、バーレッスンで出てくるタンデュです。
特に、バーレッスンの最初の方に出て来るスロータンデュでは、足指を使って丁寧に床をこすりながら足を出して、戻して、という一連の動きが出来なければいけません。
ポジションからスタートして、正しく内腿を使って、足裏を意識しながら出して、戻して、という動きは、すべてのバレエの動きの基本になると共に、足の甲を出すために最も効率の良い訓練となります。
スロータンデュでその感覚を掴んだら、早いタンデュでも同じ位置を通れるように鍛錬していきます。
地道な努力を積むことで、バレエ向きの美しい足の甲は作られるのです。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>