バレエ留学で得られること

バレエの基礎について

バレエの基礎について バレエの基礎でまず始めに、身だしなみをしっかりしましょう。
動きやすい格好をして、できれば体の線が見えるのがベターでしょう、バレエシューズのひもはシューズの中にしまいほつれたり踏んだりしないように気を付けます。
また、髪の毛が長い場合は縛ったり止めたり1つにまとめるなどして邪魔にならないようにします。
次にバレエの動きの基礎で大事なは足のポジションです、バレエでは足の置き方が決まっています。
ポジションには6つあり、いつもこの6つの形のどれかから動き始まりいずれのどれかで終わります。
基礎の立ち方や動きかたを覚えると引き締め効果やダイエット効果もあり、骨盤の位置を正常に正し、内側のももが引き締まったり、ヒップアップ効果に繋がったりします。
立ち方は重心を意識して身体の軸を伸ばすとよいでしょう、インナーマッスルを鍛えられることにより、背中のラインがきれいに出るようになり、立ち姿をきれいに見せることができるでしょう。

バレエの衣装について

バレエの衣装について バレエの衣装は、踊る演目や役によって異なりますが、動きやすく伸びのよいボディ部分に、硬いチュチュレースを縫い付けた物が基本です。
踊る役柄によって変わりますから、ボディや飾りレースの色も、役柄のイメージによって変わります。
大変豪華な飾りレースやスパンコールをつけた物もあります。
これらは、ダンサーが子供の場合、市販のボディにレースを手縫いで縫いつけたり、チュチュスカートを作ったりして対応することもありますが、小学校の高学年以上になってくるとそうもいきません。
身長もも伸びて大人と同じくらいになってくると、手作り衣装では、踊りが見劣りしてしまいます。
ほとんどの場合、バレエの公演にあわせて貸衣装を借り、ダンサーのサイズに合わせて縫い縮めます。
シンプルな物を借りて、自分でスパンコールをつけることも可能です。
バレエは舞台の上でダイナミックな踊りを披露するものですから、衣装もそれに応じて豪華なものになっていきます。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>