バレエ留学で得られること

バレエの「バ」の字!まずは基礎を知りましょう

バレエの「バ」の字!まずは基礎を知りましょう バレエの基礎はまずバーに手を置いて立ったところから始まります。足をまず外に開いて鏡に映った自分の姿を見てみましょう。
足の開き具合、膝が伸びているか、お尻が出ていないか、腰、背中が真っ直ぐか、首が伸びているか、顎が突き出ていないか、などきちんと確認しましょう。
そしておなかをしめて、体を上に引き上げる、そこから全てが始まります。バレエの基礎は、ステップやテクニックだと思われているかもしれませんが、まず、立ち姿が美しくなければお話になりません。
美しく立てるようになると、バーレッスンで足先や脚の使い方を学んでいきましょう。脚の出し方戻し方、その時に足先の動かし方もきちんと学びましょう。
そしてプリエの時の脚の向き、姿勢などきちんと出来るようになると、色々な動きが楽になり、ケガも少なくなります。
そして足の動きも大事ですが、手や腕、上半身や顔の動かし方、これらの動きはバレエの表現において本当に大切なものですから、バーレッスンの前半でしっかり学んでください。
バレエの基礎はまずバーレッスンにあります。その中で自分の姿を鏡に映し、常に体の矯正を心がけてバレリーナの美しい姿勢を手に入れて下さい。

バレエをやる人に求められる要素

バレエをやる人に求められる要素 バレエは肉体表現であることから、まずはそれ相応のプロポーションがある事が求められます。
舞台上でヒロインや美しい女性を演じるため、また古来から受け継がれてきたスタイルを表現するために、第一条件となります。
また、肉体の使い方が非常に特殊である事から、幼い頃から生涯を通じてバレエの基礎トレーニングを積んでいく事も欠かせません。
毎日のレッスンをストイックにこなし、体調管理も継続的に行える意志力も必要となります。
また、日本国内では職業として成立させ辛いという現実がある事から、実家の支援を受けられる、他に安定した収入を得られる職業を持っている、という要素もあった方が良いのが現状です。
バレエの教師としての展望も視野に入れるのであれば、人にものを教える立場としての人望や説得力、もちろんバレエそのものに対する深い知識と経験がある事も重要です。
この様に、一朝一夕には身に付かない世界であり、長い修練が求められると言えます。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>